敏感肌化粧品で肌を保湿する|エイジングケアも可能です

若返りを目指す成分配合

スキンケア

アンチエイジングの化粧品には二つの成分が配合されていて若返りの効果を発揮します。新陳代謝を活性化する成分と、新しくできた肌を活性酸素による老化から守る成分が含まれていて、その作用によって肌のトラブルの大半を解決できるのがメリットです。

もっと読む

まつげ美人になる

まつげ

おしゃれなまつげメイクを欠かさない人のまつげは傷みやすいので、まつげ美容液を使用してまつげやその周辺の肌をいたわることが大切です。また、自分に合いかつ続けやすいまつげ美容液は口コミ情報を頼りに探してみるといいでしょう。

もっと読む

敏感肌に効果のある化粧品

コスメティック

バリア機能を回復する成分

敏感肌の特徴は皮膚の表面のバリア機能が衰えていることです。バリア機能というのは外部からの紫外線や有害物から肌を守る働きのことですが、これが衰えていると肌荒れを起こしたり乾燥肌になったりします。化粧品の選び方も大切で、刺激のあるものは注意する必要があります。敏感肌化粧品に必要な成分としてはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが代表的なものです。これらが配合されているものは敏感肌化粧品といえます。特にセラミドは肌の乾燥によって衰えたバリア機能を回復させる作用があり、敏感肌化粧品には欠かせない成分です。ヒアルロン酸は肌をうるおしたり弾力性を保つ働きがあります。コラーゲンは保湿力があってアンチエイジング効果でも知られています。敏感肌の人はこれらの成分が含まれている化粧品を選ぶことによって、症状を改善することができます。

より安心できる植物成分

敏感肌化粧品にはセラミドなどの他にも、保湿効果の高い成分が配合されています。例えば天然保湿因子と呼ばれる成分です。これはアミノ酸、乳酸Na、尿酸などで、肌のバリア機能を高める効果があります。敏感肌の炎症を抑えるプラセンタ、肌にうるおいと軟らかさを与えるグリセリン、皮脂膜を修復する効果があるスクワランなどが有名です。敏感肌の人は思わぬ成分が刺激になる場合もあるので、使う時はあらかじめパッチテストをするなどの工夫が必要です。敏感肌化粧品といっても人によっては肌に合わない場合があります。パッチテストをして異常がなければ安心して利用できます。また敏感肌化粧品を選ぶ時も合成成分ではなく、植物成分が配合されているものを選ぶとより安心して使えます。

一本だけでスキンケア

美容クリーム

肌にいい厳選した成分のみを使っていて、低コストで使いやすいオールインワン美容ゲルがメディプラスゲルです。たっぷりの美容成分が肌に浸透して、高い保湿効果があります。一本だけあればいいので、スキンケアが簡単になります。

もっと読む